アマミチューの墓に行ってきました

日本





Sponsored Link

アマミチューの墓に行ってきました。

アマミチューの墓

宇比嘉の東方海岸にアマンジと呼ばれる岩屋の小島があり、そこに洞穴を囲い込んだ墓がある。

地元では琉球開びゃく伝説で有名なアマミチュー、シルミチューの男女二神及び他の神が祠られていると伝えられている。
毎年、年頭拝みには宇比嘉のノロ(祝女)が中心となって島の人々多数が参加して、豊穣、無病息災、子孫繁昌を祈願している。
また、古くから各地からの参拝者が絶えない。信仰圏の広い貴重な霊である。
文化財保護条例により、勝連町文化財に指定します。

アマミチューの墓の地図、行き方

コメント

タイトルとURLをコピーしました